2008年07月21日

ハチワンダイバー

ハチワンダイバー

http://wwwz.fujitv.co.jp/81/index.html

こないだ何気なしに最終回を見たのだが、いや〜凄いわ。
久々にツボにはまったTVドラマである。
20年前に「宇宙刑事」シリーズや「スケバン刑事」を見ていた方はよく分かると思う。

将棋の対局シーンにまずは驚かされた。
例えば「巨人の星」の大リーグボールの投球シーンの前に、延々と心象風景がインサートされてくるが、あれの実写版と考えてもらえば分かりやすいと思う。
将棋盤が光り雷鳴が鳴り響き、そんな中で主人公が「ダイブ!」と叫ぶと目の前がプール?になり実際に水の中に潜る映像に変わる。
ハチワンダイバーというタイトルの由来は、将棋盤の81マスの中に精神を潜り込ませることによって、新たな手を導き出すということらしいが、これでもかとばかり壮絶なCGを駆使し、ありえないようなオーバーアクトを見せる俳優陣にも圧倒される。
敵の組織「鬼将会」は扱いがほとんどショッカーだし、仲里依沙演ずる主人公を戦いの道へ導く「アキバの受け師」の表の顔は巨乳メイドだったりしてとにかく滅茶苦茶である。

個人的にはひさびさのバカドラマの大傑作だと思う。
映画化しないかな。

約一年ぶりのブログ復活でした。
これからも適当に書いて行くので、みなさんよろしくお願いします。

posted by 若旦那 at 16:26 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。