2005年12月08日

TAKESHIS,

映画ブログ集ランキングへ

TAKESHIS,



ひさびさに映画を観た。
北野武監督「TAKESHIS,」。
たけしが、大物スタービートたけしと売れない芸人北野武の二役を演じている。
映画の構造としては、ビートたけしと北野武が偶然出会い、大物スタービートたけしが「成功せず下積みのままの自分」を、自分そっくりの売れない芸人北野武に投影して夢想するという物語なのだが、そこらへんはさすが北野映画、夢と現実の境界線が次第に曖昧になり、過去の北野映画のオマージュのようなイメージが次々と表れるという凝ったつくりとなっている。
難解なイメージを保ちつつ、今までの集大成的なものが、そこかしこに表現されている。
とは言うものの、過去の作品に感じられたスリリングな驚きは感じられなかった。
例えば「3−4X10月」などは似たような構造の作品なのだが、一種暴力的なまでのイメージが全編に渡り感じられ、衝撃的な印象を受けた。
それに比べて、今回の「TAKESHIS,」はどうもおとなしいような感じを受ける。
出来としては決して悪くないのだが、予定調和の難解さというが鼻につき、面白みに欠ける感は否めない。





posted by 若旦那 at 01:11 | 秋田 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | TAKESHIS, | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見たかったんだよなぁ〜
秋田では、ガンダムと入れ替え制。
時間が合わなく、行けなかったんですよ。

アルベェの映画館があったら、まだやってた
だろうね。

ハルオちゃん、どうなってんの?
Posted by スガワラ at 2005年12月08日 11:53
Mさんからアルヴェと有楽座に関して色々と話を聞いたのですが、現在の有楽座はちょっとここには書けないような状況らしいです。
要するに、水野事務所にアルヴェを任せたお役人達の責任が大だと思いますね。
当初の構想を聞いた時点で「大丈夫かおい?」と感じなければいけないと思うんだけど。
だいたい役人は映画業界に無知すぎるな。
あの人達にも、もっと勉強してもらわないとね。
Posted by 若旦那 at 2005年12月08日 20:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10364935
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。