2006年01月24日

ホリエモン逮捕!

ホリエモン逮捕!

映画ブログ集ランキングへ

「バレー部」さんより「かおる姫」と浜中のネタについてのリクエストがあったが、それはとりあえず置いといて、やはり時節ネタとして「ホリエモン逮捕!」について思ったことを書いてみることにする。
一言で言ってはめられたな!って感じである。
堀江社長自体は人間的にそんなに悪い人じゃないようだが、結局のところ出る杭は打たれるということで、いろんな意味でのスケープゴードにされた感が強いと思う。
しかし東証がライブドア一社のためにパンクしたり、ここ一週間いろいろ多方面に波紋は広がっているようだ。
しかしライブドア急成長というのも、冷静に考えてみるとおかしいことだと誰も思わなかったのかな?
ライブドアという会社自体、実際のところこれだけ急成長するべきコンテンツが見当たらない企業である。
IT関連の場合、例えばソフトバンクの場合なら検索エンジンのヤフー、楽天ならショッピングモールといった具合に巨大なシェアを持つコンテンツを抱えているのだが、ライブドアの場合せいぜい「ライブドアブログ」が思い浮かべられる位である。
それにしたって、ヤフーや楽天市場の持つ巨大なシェアとは程遠いものだ。
すべてそろっているのだが全部何番手かの存在であり、キラーコンテンツというのが存在しない会社だと思う。
逮捕された宮内取締役も言っていたことなのだが、この会社の最大の売りは結局のところ「ホリエモン」なのである。
孫正義や三木谷が居なくても、ソフトバンクや楽天はやっていけるだろうけど、ライブドアホリエモン無しでは成り立たない会社だと思う。
それに「ITで世の中をどう変えていくか」という点に関して、この人には決定的にビジョンが欠けているような気がする。
結局のところライブドア自体がバブルだったようだな。

カリスマのブログも読んでみましょう→M&A投資の株式投資ブログ!


「短期売買」に一致する製品


株式投資を学ぶなら絶対ここ!詳細はこちら
posted by 若旦那 at 00:52 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽・芸能・スポーツ他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12156941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

これまでのライブドアの功績
Excerpt: ライブドアバッシングのなか、ライブドアの功績について、何点か語ってみたいと思います。やはりライブドアが今までやり遂げたことで評価すべきことはたくさんあると思うのです。
Weblog: くだらないことに愛を込めて・・・blog
Tracked: 2006-01-24 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。