2009年11月03日

阿波の踊子

「伊豆の踊り子」じゃなくて、「阿波の踊子」である。
マキノ雅裕(正博)監督の1941年度の作品。

先日、上京した際、銀座シネパトスのマキノ特集で観た作品である。

悪家老に無実の罪で兄を殺された主人公長谷川一夫が、海賊となって力を蓄え、自分の配下の者達と共に阿波踊りの日に復讐に舞い戻ってくるというお話である。

これだけであれば、結構ありがちな時代劇かな?といったところであるが・・

不思議なことに大スター長谷川一夫主演作にもかかわらず立ち回りのシーンは皆無といってもさしつかえない。

いざ!立ち回りといったシーンでも、長谷川一夫はすぐに刀を納めてしまうし、プログラムピクチャーとしてのチャンバラ時代劇を期待して観に来たお客にとっては肩透かしをくらった気分だったに違いない。

代わりに展開されるのが何百何千といった群集による阿波踊りシーンである。
これがラスト約15分位続き、この映画最大のクライマックスとなっているのである。

「えらいやっちゃえらいやっちゃヨイヨイヨイヨイ♪〜」と大群衆が踊りまくる中、復讐劇が展開され、あとに残ったのが悪家老の死体・・

という「阿波踊りが全てを解決する」というなんとも不思議な作品だった。

ちなみに、さすがマキノ!スピーディかつ意表をつく作劇術は見事なもの!
最近の監督達にも見習って欲しいものだ。

ヒロイン?の高峰秀子は、ほとんどアイドルとして描かれていた。

この十数年後、成瀬の「浮雲」などで大人の女のダークな魅力をふりまく方と同一人物とは思えない可愛らしさ!
posted by 若旦那 at 20:56 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131953385
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。