2006年03月01日

童夢とメロ

童夢とメロ

トリノオリンピックが終わって数日が過ぎた。
未だ荒川静香の金メダルには日本全国絶賛の嵐状態だし、カーリング女子も密かな人気を呼んでいる。
私イチオシの小野寺さんはもとより、NHKのアナウンサーが「マリリン」呼ばわりしたことで話題となった本橋も今後は楽しみだ。
他にも周り総コケ状態で運のみで7位入賞を果たしたスノーボードクロスの藤森とか、地味な競技に似つかわしくないモデル並みの容姿で話題となったスキー距離の夏目などいろいろな選手が居たが、ネットや飲み屋での無駄話レベルで荒川に匹敵するような話題となった兄妹が居たのをお忘れではないだろうか。
いわく「やかましい」、いわく「泣くな」、他にも「うざったい」「口先だけ」「親の顔が見てみたい」「バカ兄妹」etcとここまで言うか!と言った感じである。
童夢メロ兄妹の全く結果を残せないビッグマウスぶりには、非難が集中しているようだ。
まあパフォーマンスや大言壮語も時によっては必要だが、結果を残せなければその分言われることは目に見えている。
この兄妹に、それだけの覚悟があるとは残念ながら感じ取れなかった。
成田童夢は、海外の賞金レースで自分を鍛えなおすと明言している。
次回は実力をつけた上でビッグマウスぶりを発揮して欲しい。

人気ブログ集へクリック

ビックマウスボトル専用ボトルキャリー 0225アップ祭2

「生きがい(仮)」 林海象 監督作品

posted by 若旦那 at 23:51 | 秋田 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽・芸能・スポーツ他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
曰く・・・国辱です・・・

と言いますか・・・日本のレベルってそんなに高く無いですね。なので、代表は1人づつでいいかと・・・
Posted by かくたろう at 2006年03月04日 20:59
結局のところ、スノーボードのワールドカップって実は国体レベルだったみたいだね。
国体優勝で鼻高々で乗り込んでも、世界レベルに到底届かなかったわけ。
もっと早く気付け!という感じですね。
Posted by 若旦那 at 2006年03月05日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。