2006年03月09日

インサイド・ディープ・スロート

インサイド・ディープ・スロート揺れるハート

「ディープ・スロート」というタイトルに聞き覚えのある人は多いことだろう。
70年代初期に、全米で大センセーショナルを巻き起こしたハードコア・ポルノ映画である。
またニクソン大統領を失脚させたウォーターゲート事件の告発者が、コードネームとしてその名を使ったことでも知られている。


この作品は「ディープ・スロート」に関わった人々とその時代を追ったドキュメンタリー映画である。
が、しかし実際の「ディープ・スロート」という映画は、どうやらかなりしょーもない作品だったようだ。
のどちんこにクリト○スのある女の話だって、なんじゃそれは!
「先生、私どうしたらいいんでしょうか」
「一つだけ方法があります。のどちんこに届くようにフェ○チオして下さい。そうしたら感じること間違いなし!」
「分かりました。そうするわ揺れるハート
といった類のしょーもない会話の後、フ○ラチオ→ロケット発射の映像→フ○ラ→ロケット→フ○ラ→発射!という驚愕のモンタージュが繰り出されるという頭が痛くなりそうなシーンが連発される、まるで東スポの「みこすり半劇場」のごとく志の低いポルノだったようである。
しかし、そんなクズ映画が驚異的な大ヒットをし、社会問題化して反体制のシンボルに祭り上げられ関係者は翻弄されて行く。
司法当局も80年代になってポルノ封じ込めに成功したものの、皮肉なことにビデオデッキ普及と共にポルノは衰退し代わりにアダルトビデオが凄い勢いで世の中に広がっていった。
観ていて結構痛々しい作品だったな。

ちょっと見てみたいと思った人は、人気ブログ集へクリック

ディープ・スロート(18禁)

インサイド・ディープ・スロート【PCBE-52085】=>20%OFF!インサイド・ディープ・スロート

インサイド・ディープ・スロート
posted by 若旦那 at 23:27 | 秋田 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | インサイド・ディープ・スロート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ディープ・スロートってそんな映画だったんですか?まさにみこすり半劇場なみですね〜。
タイトルは有名だったので知ってましたが…。

同じ頃、アメリカのポルノ映画で「グリーンドア」っていうのもあったけど、それはどんな映画だったんだろう?
Posted by あらまき at 2006年03月12日 15:53
「インサイド〜」を観る限りしょーもない作品だったようです。
そういえば「グリーンドア」ってありましたね。
私は洋ピンはあまり詳しくないのですが、クローネンバーグの「ラビット」で吸血鬼となる悲劇のヒロインを演じたマリリン・チェンバースって、確かここらへんの作品に出ていたはずです。
Posted by 若旦那 at 2006年03月13日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。