2006年03月18日

ワールド・ベースボール・クラシック

ワールド・ベースボール・クラシック

なんとアメリカ予選敗退である!
今や時の人となったボブ・デービッドソン審判の相次ぐ「誤審」のアシストも空しく、メキシコが勝ってしまったのである。
というわけで、タナボタ式に王ジャパンは「ワールド・ペースボール・クラシック」決勝トーナメント進出が決定した。
しかしWBCってのもつくづく妙な大会である。
一応世界大会のはずなのだが、審判は中立国という当たり前の原則が全く守られていない。
しかもほとんどがマイナーリーグの審判らしい。
だから、ボブ・デービッドソンのような札付きの前科者審判が堂々とジャッジしたりしているのだ。
結局のところ、サッカーのワールドカップのような完成したシステムが野球には存在しないことがつくづく分からされたわけである。
しかし、日本VSアメリカ戦では、何故か普段は辛らつな韓国のマスコミが日本以上に大騒ぎしたらしい。
サノバビッチUSA!という部分では、どうやら意見が一致したみたいだな。

さとう珠緒風に「アメリカぷんぷん」と言ってクリックして⇒人気ブログ集へクリック

楽しい出会いを始めませんか?

ベースボールマン【コスチューム専門店【COS-JAPAN】】
posted by 若旦那 at 23:07 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能・スポーツ他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15046102
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。