2006年04月18日

オッパイ星人

オッパイ星人

やさ〜しくプッチとお願いします。⇒映画ブログ集

巨乳を食い物とする地球人に怒りを覚えた宇宙人「オッパイ星人」は地球侵略にやって来るが、何故か地球に居ついてしまい、アパートの一室を舞台に日々生活をおくるのであった。
というわけでストーリーだけを語ると、デビッド・ボウイ主演ニコラス・ローグ監督のカルト映画の名作「地球に落ちてきた男」そっくりじゃん!という意見もあった「オッパイ星人」だが、タイトルが示すとおり、まごうことなき脱力系コメディに仕上がっている。
主演はなんと!グラビアアイドル森下千里に個性派俳優遠藤憲一なのだが、ところがどっこいこの人達、全編CG画面にオッパイ星人の顔だけはめ込みという、えっ?という出演の仕方をしているのである。
3分〜5分位の短編集というつくりとなっているのだが、アパートから一歩も出ずに、はめ込みの宇宙人4人がひたすら脱力系の会話を繰り返すだけというとんでもない作品に仕上がっている。
うーむ、前代未聞の作品というのはこういう映画のことを言うのだな。
明らかにその線を狙っていることが感じられるのだが、いくら狙ってもこんなバカな作品はそうそう作れるものではない。
50分の時間の無駄が心地よくさえ感じられるのは私だけだろうか。







オッパイ星人
posted by 若旦那 at 00:51 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | オッパイ星人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。