2006年09月06日

日本沈没

日本沈没

一言で言って非常に惜しい!作品である。
旧作にオマージュを捧げつつ、大胆な発想の転換によって奇抜なプロットを構築した点は申し分ないし、特技監督出身の樋口真嗣監督だけあって特撮の出来もいい。

が、しかし決定的に何かが物足りない。
まず第一に問題点だと思うのが、脚本の不備だと思う。

日本沈没official book

加藤正人による脚本自体は決して悪い出来ではない。
けれど、SF作品に必要なセンス・オブ・ワンダーに対する理解がこの人には決定的に欠けているように思えるのである。
日本沈没などという大ボラ話を成立させるのには、ある種綿密なプロットの積み重ねの上でないと成功しないと思うのだが、今回の脚本はドラマ部分とプロットがバラバラなような感じを受けた。

例えば金子修介監督、伊藤和典脚本の平成ガメラシリーズを思い浮かべて比較すれば「日本沈没」の問題点が見えてくると思う。
緻密なプロットの積み重ねの上で大ボラ話の大エンターテイメントを成功させた「ガメラ」に比べ、この映画ではひとつひとつの布石やプロットがまるでドラマに生きてこない。

例えば物語のクライマックスの出会いがいちいち不自然なような気がする。
大体、交通機関や通信網がズタズタに切り裂かれているはずの状況下で、何故主人公達は簡単に出会うことが出来るのか。
旧作の場合は、そんな状況下で離れ離れになることで悲劇のドラマを成立させてきたはずだと思うのだが。
樋口真嗣という人は演出に対する「絵心」が決定的に欠けているように感じられたし、加藤正人脚本というミスマッチが最後まで響いた作品だと思えた。
「デスノート」でも分かるとおり、プロットを積み重ねてエンターテイメントを成立させることに対しては異様なまでの才能を発揮する金子修介が、伊藤和典脚本、樋口真嗣特技監督というメンツで撮ったら、きっと大傑作が出来上がったことだろう。

最後に、見た人みんな思っていることだと思うが、柴崎コウに「抱いて」と言われて普通断る奴いるかっ!!
こういう点にもリアリティが決定的にも欠如しているのである。


柴崎コウに「抱いて」と言われたい方は⇒クリック映画ブログ集

日本以外全部沈没
日本以外全部沈没
posted by 若旦那 at 01:53 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23323425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。