2005年04月18日

トニー滝谷

ここんとこ夜はヒマなので、毎日ブログを更新している。
自他共に認める飽きっぽい私としては、とりあえず自分で自分をほめておこう。
まあそんなことはこっちにおいといて、今日は市川準の新作「トニー滝谷」を観てきた。
原作が村上春樹の短編だそうで、独特の村上ワールドに透明感のある市川準の映像が非常にマッチしている。
先ごろアレクサンドル.ソクーロフの新作で禁断の天皇役にチャレンジしたことで話題となったイッセー尾形はさすがに芸達者だし、何よりも宮沢りえがいい!
最近この人が出る映画に外れはない。映画女優としては一枚看板を張れるという意味では吉永小百合の域にまで達しているんじゃないだろうか。
映画としては基本的にはファンタジーなのだが、細部にわたる描写の繊細さが独特のリアリティを画面に与えている。
小品とか佳作とかいった言葉がしっくり来る映画だった。
ところで上映終了後、プレイタウンの元木さんと秋田の映画事情について1時間近く話し込んでしまった。
話の性格上ここでは詳しく書けないが、みんなで秋田の映画シーンを力をあわせて盛り上げていかなければいけないなと改めて感じる次第だった。
posted by 若旦那 at 01:03 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | トニー滝谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。