2007年01月30日

デス・ノート・ザ・ラストネーム

デス・ノート・ザ・ラストネーム


デスノート」完結篇である。
以前前編の項で書き込んだとおり、大ボラ話を精密なストーリーテリングでプロットを積み重ねていく手法は金子修介ならではのものであり、前後篇共にトーンは一定している。
まあ「ラストネーム」は誰のことか?という謎解きに関しては、「おそらくそうだろうな」という私の予想を裏切ることはなかったし、そういう意味で意外性はさほど感じられなかったのだが、途中の展開はやはり読めなかった。
堅い出来だが、続編の意外性が感じられなかったのが、難点と言えば難点かも知れない。
それでも第二第三のキラがデスノートの法則にからんでくる展開には、さすがに引き込まれるものがあった。
このあたりはひさびさの金子監督本領発揮!である。
俳優陣も主演の藤原竜也はもとより、L役の松山ケンイチも素晴らしい。
日本のデ・ニーロに成り得るかも。

デス・ノートに書き込まれる前に、こちらを書き込んで見る⇒映画ブログ集


デスノートレビューを見てみる


posted by 若旦那 at 22:39 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32440688
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。