2005年09月15日

スターウォーズエピソード3

スターウォーズエピソード3

というわけでようやく「エピソード3」を観て来た。
観る人全てが結末を分かっているという異例の完結篇なのだが、本当に思ったとおりの出来だった。
アナキンがいかにしてダースベイダーとなるかという悲劇の物語をユアン・マクレガーとへイデン・クリステンセンが見事に演じきった。
ギリシャ悲劇かシェークスピアかというような類型的なれど非常によく出来たお話である。
事前の情報はマスコミに露出しまくっていて、しかもエンディングは誰もが知っているという作る側としたらやりづらいことこの上ない話を無難にまとめてくれたのは、さすがルーカス!と言う他ない。
もっとも西洋チャンバラとしての観点から言うと、オビワンと敵のサイボーグ将軍が一騎打ちする際、オビワンが相手の四刀流!を打ち負かす展開や、最後のオビワンvsアナキンの悲劇の対決なんかは、さすが黒澤マニア!とうならせるものがあった。







隠し砦の三悪人 ◆20%OFF! [TDV-2692D]隠し砦の三悪人 ◆20%OFF! [TDV-2692D]








スターウォーズ着信で発光するストラップ2色セットスターウォーズ着信で発光するストラップ2色セット








予約★12月発売★スターウォーズ/ダースベイダーEP3ヘルメット レプリカ予約★12月発売★スターウォーズ/ダースベイダーEP3ヘルメット レプリカ
posted by 若旦那 at 22:57 | 秋田 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズエピソード3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。