2005年10月06日

「JUDAS〜ユダ」

秋田インディーズムービー第一弾!というキャッチコピーが示す通り、本格的な自主映画が秋田で公開されたのは、おそらく那珂静男さんの「隙間」以来ではないだろうか。
しかもホール公開ではなく、シネマパレのレイトショーとして一週間もの間公開される。
監督もキャストも、イオン系のファッションビル秋田フォーラスのショップの店員達だそうだ。
プロデューサーとして、「土方巽夏の嵐」の上映会でお世話になったIさんが名を連ねているのでさっそく観に行ってきた。
ストーリーとしては監督の黒沢さんが自分でも言っている通り、「レザボアドッグス」の
まんまパクリである。
登場人物が飲み屋で酒を飲んでいたり、車で移動するシーンなどは、なるほどちょっと冗長な感じを受けた。
しかし素晴らしいことに、この作品には自主映画にありがちな貧乏くささがほとんど感じられなかった。
劇場公開をするならば、とりあえずこの時点で勝ちである。
キャストも当然のごとく全て素人なのだが、面構えのいいのをそろえていて、それだけで画面に説得力を与えている。
帰りのエレベーターで私に話しかけてきた、鼻ピアス&タトゥーのにーちゃんなど画面に顔を出すだけでもで存在感があった。
それに素人にありがちな棒読みセリフも極力少なくして(ま、全然ないとは言えなかったが)、強面の男達が叫んだり怒鳴ったりするシーンを強調することでうまく素人くささを消していた。
次回はゾンビ映画を企画しているらしい。楽しみだ。

posted by 若旦那 at 00:35 | 秋田 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | JUDAS〜ユダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若旦那さん映像制作これからも頑張りましょうね。
2006年8月31日の朝日新聞に私やEさんMさんの写真が載っていました。
Posted by 藤井 at 2010年10月18日 06:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7761607
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ピアス
Excerpt: この「へジームーン」は、ピアスを中心とした、宝石やアクセサリーのショップで私の大のお気に入りです。好きなアクセサリーを好きなだけ、チョイスしてみてください。。。
Weblog: 【ピアス】ガイド
Tracked: 2005-10-07 05:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。