2005年11月02日

その後のPCA

さきほどNHKのローカルニュースで、PCA(パンテオンシネマズ秋田)休館のお詫びに秋田市長を訪問した水野晴郎氏とM&Aピクチャーズ西田和昭社長へのインタビューが流れていた。
苦虫を噛み潰したような表情のぼんちゃんと、いつも通りの笑顔を絶やさない閣下のなんとも締まらないツーショットだったけど、結局のところ「このたびはご迷惑をかけました。なんとか再開出来るよう努力いたします」の一点張りで、今後どうなるのか?という肝心の部分は明らかにされずじまいだった。
結局のところ、この人達にも分からないのだろう。
閣下もぼんちゃんも見るからにいい人そうなんだけど、この人達に経営面も丸投げしてしまったPCA及び秋田市の責任がやはり大きいと思う。
器が出来る。さあどうしよう?ってことで著名な文化人?に丸投げするという安易な選択肢を取ったことが、このような結果を招いたのである。
映画館は存続する方向で動いているようだが、いままでのような5館体制のシネコンを維持しようとするのならば、誰がやっても一緒だろう。
2〜3館程度で外から人を呼べるような斬新なアイデアを期待したいところだが、どうなることだろうか。

 この商品は送料無料です。 水野晴郎/シベリア超特急 コンプリートDVD−BOX

シベリア超特急 特別編集版 豪華愛蔵仕様 <初回限定生産2枚組>
posted by 若旦那 at 23:13 | 秋田 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。