2005年03月09日

火火

高橋伴明の「火火」を観てきた。実存する女性陶芸家神山清子とその息子賢一の物語であり、白血病で倒れた賢一を救うため骨髄バンク設立に奔走する母親の生き様を丹念に描いている映画だ。
続きを読む
posted by 若旦那 at 22:19 | 秋田 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 火火 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。