2005年04月29日

サマリア

ひさびさに凄い映画を観た。
美しく悲しくショッキングで、いつまでも記憶に残るようなそんな映画だった。
キム.ギドク監督作品「サマリア」。
心ならずも親友の援助交際の手助けをしていた主人公の少女が、自分の不注意で転落死した親友に罪悪感を感じ、手帳に書かれた援助交際の相手を一人一人探し出し体を売り、貰った金を返し続ける。
続きを読む
posted by 若旦那 at 23:26 | 秋田 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | サマリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。