2007年01月20日

007カジノ・ロワイヤル

カジノロワイヤル


カジノロワイヤル」と聞くと、かの007シリーズのパロディ映画を思い出す人が多いことだろう。
オーソン・ウェルズ他の豪華キャストの基、真の黒幕役!?で登場したウディ・アレンを世に知らしめたあの作品である。
ところが今回の「カジノロワイヤル」はそのリメイクではなく、最新作として登場するとのこと。
さらにジェームス・ボンド役も一新して、ダニエル・クレイグが新ボンドに扮するということらしい。

カジノロワイヤル.jpg
カジノロワイヤルを観てみる

続きを見る前にプチットお願いします。⇒クリック映画ブログ集
続きを読む
posted by 若旦那 at 23:08 | 秋田 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

怪異宇都宮釣天井

怪異宇都宮釣天井

新春第一弾!東京出張の際、観て来た作品である。
シネマヴェーラ渋谷という新しく出来た映画館で行われていた「丹波哲郎追悼特集」の中の一本である。
監督はあの怪談映画の巨匠中川信夫

新春の一発にプチットお願いします。⇒クリック映画ブログ集



バッド(下向き矢印)
続きを読む
posted by 若旦那 at 21:35 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)

クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の第二弾。
今作は日本サイドから見た硫黄島攻防戦を描いている。
イーストウッドという人は、70年代の初期の監督作品例えば「恐怖のメロディ」とか「荒野のストレンジャー」といった作品では、スター俳優の監督作ということを逆手に取った、いわば変化球を投げ続けていたといった印象が強かったのだが、80年代の「ブロンコ・ビリー」「センチメンタル・アドベンチャー」あたりから正統派ハリウッド映画の担い手として次第にその立場を確固たるものとしていった。
続きを読む
posted by 若旦那 at 23:24 | 秋田 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。